近辺情報

披露山公園

披露山公園

披露山は、逗子市の西側に位置する高さ100メートルほどの台地。ここからは、東に逗子湾、北西には相模湾に浮ぶ江ノ島、背後に富士山や伊豆箱根連山、南には伊豆大島を望む素晴らしい景勝地となっている。
披露(ヒロ)の名は「ひらきあらわす」という、めでたいこと、良いことを公表する意味があり、鎌倉時代、将軍に献上物を披露した所、あるいは献上の品物を披露する役人が住んでいた所ともいわれている。
披露山公園は、昭和三十三年(1958年)六月七日に開園。敷地面積は5.8ヘクタール、公園の広場は第二次世界大戦時に海軍の高射砲陣地があったところで、三つの高射砲砲座(直径12メートル)と監視所の地下室が残されており、これらを利用して、砲座を展望台と円型花壇および猿舎に、監視所跡にはレストハウス等を設けている。
<逗子市『披露山公園』説明板より>

高射砲座跡に建つ展望台からの眺めは絶品。逗子マリーナの白いマンション群の先は相模湾。その中に浮かぶ江の島。その左上の箱根山塊の奥に富士山の雄姿。(近辺情報:逗子マリーナに掲載)

目を南に転じると伊豆大島の島影が。
これも台座跡に造られた猿園。

披露山庭園住宅

1968年(昭和43年)に住友建設(現・三井住友建設)がTBS不動産の企画開発の下に造成を荷った総面積22ha215区画の住宅団地で、かつては「逗子披露山庭園邸宅地」と呼ばれていた。1971年にTBS興発(現・三井不動産)によって分譲開始された。バブル時期には千葉県のワンハンドレッドヒルズと共に日本のビバリーヒルズと一部メディアで評された地域であるが、侵入者を物理的に排除する塀が存在しない点で数ある国内の高級住宅地の中でも一線を画する宅地計画がなされている。<Wikipediaより>

店から見た庭園住宅。
左の披露山の右、茶色いマンションの後。
披露山の展望台より。1区画は最低でも300坪。有名人も沢山住んでいる。